スポンサーリンク

2008年05月31日

【映画】墨攻

「墨攻」は戦国時代の中国を舞台とした酒見賢一の歴史小説およびそれらを原作とした森秀樹の歴史漫画およびそれらを原作とした日中韓合作の映画作品。
「墨攻」という単語は、酒見が「墨守」という言葉から作り出した造語である。
 ということで酒見賢一の小説と森秀樹の歴史漫画と比べて映画版を見てみました。漫画版は原作に、よりオリジナルストーリーを加えた大作となっていてファンも多い作品です。また原作となった小説版のほうでは大作ではないものの墨子の思想を守り抜こうとする主人公「革離」とそれを取り巻く人間の感情がよく描かれている作品です。
 映画版は、ほぼ原作どおりの展開ですが戦闘シーンの迫力はものすごいです。ラストは三者三様ですから原作を読んだ方も映画を楽しめると思います。

icon
icon
墨攻
icon

icon
icon
墨攻 ビッグコミックス
icon
墨攻・完結セット(全11巻)
posted by ドゥマンゴリアン at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画】アイ・アム・レジェンド

かなり面白そうな作品だったので映画館で見たかったのですが、時間がなくてDVD化されるのを待っていました。
早速見てみました。ストーリーも主演のウィル・スミスの演技もCG映像もどれをとっても最高の作品だと思いますが、見終わっての感想としてはなんか物足りないなぁって感じです。自分の期待がデカ過ぎたのかも知れません。しかし面白い作品であることは間違いありません!!

icon
icon
アイ・アム・レジェンド
icon
posted by ドゥマンゴリアン at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画】ベオウルフ/呪われし勇者

この作品は、あまり期待せずに見ました
その成果結構楽しめました。
まぁこの手の映画にストーリー性とか何とかいうこと事態見当違いでしょう。
北欧の世界観で描かれていく映像は迫力満点!!
またアンジェリーナ・ジョリーがいい感じ!
それだけを楽しむために見てみるのもいいと思います。


icon
icon
ベオウルフ/呪われし勇者 劇場版
icon
posted by ドゥマンゴリアン at 15:43| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

FREEDOM 特別編 seven

日清カップヌードルのCMでおなじみのFREEDOM!!その最終版!!

月面都市EDENで隠され続けている地球の真実を伝えるため、そして親友のカズマとの再会の約束を果たすため、アオと共に再び月へと旅立ったタケル。しかし、二人は待ち受けていたEDEN運営局によって身柄を拘束されてしまう。隔離施設に収容された二人の前に現れたのは、EDEN運営局の征服に身を包んだカズマだった!タケルとビスがEDENを離れてから、カズマに一体何があったのか?特別編に相応しく本編約45分の大ボリュームで、FREEDOMの真実が今、明らかになる……。


icon
icon
FREEDOM 特別編 FREEDOM SEVEN [NEW!]
icon
posted by ドゥマンゴリアン at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アポカリプト

この作品は映画の前にやっている予告編のインパクトに負けて見てみることにしました。古代マヤ文明の時代の話ですがところどころに白人にしか見えない俳優がいたのが残念です。映像は迫力があって狩り、奴隷、生贄の儀式、太陽崇拝どれも映像化すると今の日本人には強烈なインパクトのある映像です。
古代文明の残酷さや優しさ、強さ、美しさなんかが描かれていますが、残酷さが目立ってしまっている気がします。文化のことについて考えてしまう作品です。

icon
icon
アポカリプト
icon
posted by ドゥマンゴリアン at 14:23| Comment(0) | TrackBack(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。