スポンサーリンク

2008年07月09日

【映画】凶気の桜

まずそのBGMにやられました!キングギドラの音楽と映像がかっこよくてまた窪塚洋介がなよなよしてない演技は最高!!須藤元気ももちろん見所、とりあえず見てもらって損はありません。でも思想的に嫌悪感を感じる方は見ないほうがいいかも知れません。

あらすじ
若きナショナリストの山口、市川、小菅の幼馴染3人は東条英機版ネオナチともいうべき結社“ネオ・トージョー”を立ち上げ、特注の白い戦闘服をまとう。その出で立ちで、自分たちの育った街・渋谷から汚いゴミを一掃しようと、日々街中で半端な不良どもを狩っていた。そんな彼らは、右翼系の政治結社・青修同盟の会長・青田に一目置かれ、何かと世話をしてもらうようになる。ある日、山口ら3人は不良外人が堂々とドラッグを捌いているクラブを襲撃する。だが、その店は青修同盟と対立する暴力団が経営していた。それが発端で抗争が始まり、山口たちはまきこまれていく。


凶気の桜
メイキング・オブ 凶気の桜
凶気の桜
凶気の桜 オリジナル・サウンドトラック

窪塚洋介

高橋マリ子
RIKIYA
須藤元気

原田芳雄

速水典子
成瀬正孝
峰岸徹
本田博太郎

江口洋介
posted by ドゥマンゴリアン at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102493665

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。