スポンサーリンク

2008年07月31日

【映画】血と骨

北野武の存在感が際立っていて、ものすごい迫力の映画です。その生き方がもうむちゃくちゃでやりたい放題、だけどどこかさびしい。ラストに進むにつれ生き方も壮絶さを極めていって、ただただ圧倒されていきました。ハリウッド映画に無い凄みがある作品です。

解説:
第11回山本周五郎賞を受賞した梁石日の自伝的小説『血と骨』を、『刑務所の中』の崔洋一監督が映画化した怒濤の人間ドラマ。昭和という時代を生き抜いた男の狂気にも似た生涯を、ビートたけしが怪演する。彼の妻役に鈴木京香、息子には『ラブドガン』の新井浩文や、美形俳優オダギリジョーらが扮し、熱い演技合戦を繰り広げる。”たけしさんが親父に見えて怖かった”と原作者が語るほど、彼の演技には鬼気迫るものがある。

あらすじ:
1920年代、一獲千金の夢を胸に済州島から日本に渡って来た金俊平(ビートたけし)。彼は李英姫(鈴木京香)を強姦し強引に結婚。息子の正雄(新井浩文)らに暴力をふるい、次々と愛人を囲う父親だった。


血と骨
血と骨 コレクターズ・エディション <初回限定生産>
[血と骨」オリジナル・サウンド・トラック
出演
金俊平:ビートたけし
少年時代の金俊平:伊藤淳史
李英姫:鈴木京香
金正雄:新井浩文
金花子:田畑智子
朴武:オダギリジョー
高信義:松重豊
趙永生:國村隼
金成貴:塩見三省
朴希範:寺島進
山梨清子:中村優子
鳥谷定子:濱田マリ
元山吉男:北村一輝
金春美:唯野未歩子
張賛明:柏原収史
金容洙:仁科貴
大谷早苗:中村麻美
眞島秀和
ほか


[編集] スタッフ
製作:石川富康、西村嘉郎、沼田宏樹
企画:泉英次、和田省一
製作総指揮:若杉正明
プロデュース:榎望、中嶋竹彦
アソシエイト・プロデューサー:原克子
監督:崔洋一
脚本:崔洋一、鄭義信
撮影:浜田毅
音楽:岩代太郎
製作委員会:ビーワイルド、アーティストフィルム、東芝エンタテインメント、衛星劇場、朝日放送、ザナドゥー
配給:松竹、ザナドゥー
posted by ドゥマンゴリアン at 13:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

北野武さん東京芸大の教授に
Excerpt: 12月2日、タレントで映画監督の北野武さんが、来年4月に東京芸術大に新設される大学院映像研究科映画専攻の教授に就任することが発表されました。 (Yahoo!ニュース:共同通信『北野監督が東京芸大教授..
Weblog: Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜
Tracked: 2008-07-31 19:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。