スポンサーリンク

2009年01月12日

【映画】ブラインドネス

おすすめ度
満月満月満月やや欠け月

はじめは、レッドクリフを見に

映画館に行ったんだけどチケットが売り切れていて

隣でやってた「ブラインドネス」を見ることに

はっきりいって何の予備知識のない状態で見たから

まさにパニック映画でした。

人間の深いところまで描いていて

かなり心の奥まで入り込んでくる作品

いろいろな形の恐怖の見せ方があるんだと改めて思い知らされました。


ブラインドネス スペシャル・エディション(初回限定生産2枚組) [DVD]

ブラインドネス スペシャル・エディション(初回限定生産2枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD





解説
『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレスが、ノーベル文学賞受賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説を映画化した心理パニック・サスペンス。視界が真っ白になる伝染病がまん延する状況下で、人間の本性や社会の恐怖をあぶり出していく。出演は『ハンニバル』のジュリアン・ムーアをはじめ、日本からは伊勢谷友介と木村佳乃が参加するなど、国際色豊かなキャストが実現。サスペンスフルな展開と深遠なテーマで見せる注目の衝撃作
ブラインドネス [Blu-ray]

ブラインドネス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray



ジュリアン・ムーア
(医者の妻)
マーク・ラファロ
(医者)
アリシー・ブラガ
(サングラスの娘)
伊勢谷友介
(最初に失明した男)
木村佳乃
(最初に失明した男の妻)
ドン・マッケラー
(泥棒)
モーリー・チェイキン
(会計士)
ミッチェル・ナイ
(少年)
ダニー・グローヴァー
(黒い眼帯の老人)
ラベル:パニック
posted by ドゥマンゴリアン at 13:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『 あらゆる名前』 ジョゼ サラマーゴ (著)
Excerpt: 孤独な戸籍係による奇妙な探求―人間の尊厳を失った名も無き人の復活劇!ポルトガル語圏初のノーベル賞作家による異色作。
Weblog: Anonymous-source
Tracked: 2009-03-11 14:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。