スポンサーリンク

2009年01月13日

リンドバーグ再結

「今すぐKiss Me」などの大ヒットで知られる4人組バンド「LINDBERG(リンドバーグ)」がデビュー20周年の来年、7年ぶりに再結成することが15日、分かった。

 トータルセールス1000万枚以上を誇る人気バンドが再び“離陸”する。元ボーカルの渡瀬マキ(39)はこの日、自身の公式ブログで、40歳の誕生日となる来年2月22日に東京・渋谷のライブハウス「DUO」で初のソロライブ開催を発表した。

 タイトルは「Present」で、「その名の通り、私の歌を待っていてくださったみなさんにささやかながら楽しい時間をプレゼントします!ってコンセプトです。とにかくみんなに楽しんでもらえる選曲をしたいから、もちろんリンドバーグの曲たくさんやるよ。一緒に楽しみましょう!」などとつづっている。

 が、本紙の取材によると、渡瀬はリンドバーグ再結成に向けても着々と準備を進めているという。関係者によると、来年はデビュー20周年と、渡瀬が不惑を迎える節目の年であるのに加え、96年発売のシングル「every little thing every precious thing」が、阪神の藤川球児投手やソフトバンクの杉内俊哉投手の入場テーマ曲に起用され、再び注目を集めたことも、再結成への後押しになったようだ。

 渡瀬は97年にメンバーでギタリストの平川達也と結婚し、99年に長男を出産。育児を優先させるために02年8月に解散した。03年には長女も出産。2児のママとして主婦業のかたわら、子供服のデザインや販売、詞の提供などを手掛けてきた。昨年、長男がファンだという子供向け番組専用チャンネル「キッズステーション」の人気番組「モンすたージオ」のテーマソングの依頼を受け、自身が作詞し、平川が作曲した「色々iroiro」を発表。5年ぶりに音楽活動を再開したことも、バンド復活への布石となった。

 新曲の発売や、ライブ活動などへの期待が高まる中、来年2月22日、渡瀬のステージでの発言が注目される。

 ◆リンドバーグ 88年に元アイドルだった渡瀬マキとギターの平川達也、ベースの川添智久、ドラムの小柳昌法の4人で結成、89年にシングル「ROUTE 246」でデビュー。浅野温子&三上博史主演のフジテレビ系ドラマ「世界で一番君が好き!」の主題歌「今すぐKiss Me」(90年)や、「BELIEVE IN LOVE」(91年)などが大ヒットし、90年代を代表するバンドに。02年8月24日の解散までの14年間でシングル35枚とオリジナルアルバム17枚をリリースした。渡瀬はソロとしても3枚のアルバムを発表。バンド名は、飛行家のチャールズ・リンドバーグに由来する。

posted by ドゥマンゴリアン at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。