スポンサーリンク

2008年06月04日

【映画】憑神

まったく期待しないで映画を見るときが自分はあります。映画の日で入場料が安いとき、レンタル屋サンのイベントのとき、ホンとに暇な時などそうすると以外に面白い映画に出会えたりします。「憑神」もそんな感じで見ました。変な期待がなかったのが良かったのか、楽しく観ることが出来ました。


憑神 <通常版>
ラベル:憑神 妻夫木聡
posted by ドゥマンゴリアン at 01:26| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

憑神
Excerpt: 憑神日本は鍋、釜にまで神様がいるらしいが、貧乏神、疫病神、死神という不幸系の神様を通して、人間の身勝手と正しい生き様を描くヒューマン時代劇。主人公がとことん善人なのが綺麗事すぎるが、幕末という混乱の時..
Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評
Tracked: 2008-06-04 09:07

憑神(つきがみ)
Excerpt: [コメント]『鉄道員』の原作・浅田次郎と監督・降旗康男のコンビによる幕末を舞台にした作品です。とっても期待していたのですが、ストーリーが雑で、特に最後の将軍・慶喜の描き方はひどいです。寛永寺を舞台に..
Weblog: peruriの劇場映画鑑賞記
Tracked: 2008-06-04 12:51

憑神(つきがみ)
Excerpt: 【2007/06/23】06/24鑑賞製作国:日本監督:降旗康男原作:浅田次郎『憑神』(新潮社刊)出演:妻夫木聡、夏木マリ、佐々木蔵之介、鈴木砂羽、森迫永依、笛木優子、佐藤隆太、赤井英和、香川照之、西..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2008-06-04 14:19

憑神
Excerpt: ラストシーン以外は好きな作品でした(^^ゞ 別所家は徳川の世になってから代々将軍の影武者のお役目をになっている由緒ある家柄。 しかし、長男・左兵衛(佐々木蔵之介)は甲斐性なしの怠け者でお役目も疎..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2008-06-04 23:07

『憑神』 この世の沙汰は憑神次第
Excerpt: 『憑神』時は幕末、下級武士の別所彦四郎(妻夫木聡)。学問所では優秀であったが、身分制度に縛られ身動きできず、その上、婿養子先から追い出され、もはや困ったときの神頼みと、拍手打った神様が悪かった。なんと..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2008-07-25 09:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。