スポンサーリンク

2008年07月17日

【映画】シムソンズ

実話をもとにした映画だったんでかなり興味がありました。この映画のモデルとなった実在するシムソンズはもうみんな引退していますが、日本女子カーリングが注目されたのは彼女たちのおかげでしょう。かなり脚色されている部分はあると思いますがこんな子達でもオリンピックにいけるのかって感心しちゃいました。

あらすじ
北海道常呂町(現北海道北見市)の女子高校生が1998年長野冬季オリンピックカーリング競技男子日本代表選手の薦めでカーリングチームを結成し、紆余曲折を経て成長する青春映画。実在したカーリングチーム「シムソンズ」(2002年ソルトレイクシティ冬季オリンピックカーリング競技女子日本代表)をモデルとし、その来歴に題材を得て製作された。
実話に題材を得たストーリーではあるが、その内容は大きく脚色されている。例えば、劇中で伊藤和子は加賀真人の薦めがきっかけでカーリングを始めるが、和子のモデルとなった加藤章子は9歳からカーリングを始めており、19歳で長野五輪に女子日本代表チームの一員として出場[1]している。また、劇中の「シムソンズ」は全員が高校の同級生という設定だが、現実の「シムソンズ」は加藤・小野寺・林の3人が中学校の同級生時代に結成したチームであり、のちに加わった小仲(加入時の名字は堀)は3人より学年が2つ上である。


シムソンズ <通常版>

シムソンズ
「シムソンズ」オリジナル・サウンドトラック
シムソンズ続きを読む
posted by ドゥマンゴリアン at 12:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画】あなたにも書ける恋愛小説

見終わったら自分でも恋愛小説かいてみようと思っていたけど、ぜんぜん書けませんでした。映画の主人公は自身の経験からいろいろ話を膨らませて、また小説を書くのと同時進行で自らの恋愛も進んでいって途中リンクしたりしてどんな結末を主人公が書くのか、引き付けられて最後までハラハラしました。恋愛小説書きたい人はぜひ見てください。

あらすじ
かつて結婚恐怖症をテーマにした小説で人気を博した新進作家アレックス(ルーク・ウィルソン)。その彼も今ではスランプに陥り借金もかさんだ挙げ句、取り立てに来た連中に商売道具のパソコンを壊される始末。アレックスは、30日間で小説を書き上げるからと、何とか返済の猶予をもらう。期限内に小説を完成させるため口述筆記を思いついたアレックスは、速記係を雇うことに。やって来たお堅いタイピスト、エマ(ケイト・ハドソン)は、アレックスが弁護士と偽っていたことで警戒するが、本の内容が“恋に魂を抜き取られて苦しむ男の話"と聞いて興味を持ち、仕事を引き受けるが……。


あなたにも書ける恋愛小説
キャスト・スタッフ
タグ:ラブコメ
posted by ドゥマンゴリアン at 11:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

【映画】主人公は僕だった

予告編でよく見ていてので気になって観てみることにしました。この映画は結末がどうなるかがとにかく気になる作品。最初の部分から最後まで結末だけがどうなるか分らない、悲劇なのか、喜劇なのか物語が進むにつれて喜劇になったり悲劇になったりします。結末についてはいろいろ賛否両論あると思う作品です。



あらすじ
平凡で面白みのない男、ハロルド。国税庁の会計検査官である彼は、過去12年間、毎日決まりきった生活を送っている。しかしある朝、ハロルドの頭の中に、彼の行動を文学的な表現で語る女性の声が割り込んできた。それからというもの、その声はハロルドの頭にたびたび響くようになる。彼女によれば彼はどうも小説の主人公のようで、しかも彼に死が近づいていることもほのめかしていた。それから自分の運命を変えようとするハロルドの奮闘が始まった。




主人公は僕だった コレクターズ・エディション <期間限定生産>
主人公は僕だった コレクターズ・エディション(Blu-ray Disc)キャスト
タグ:コメディー
posted by ドゥマンゴリアン at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

【映画】凶気の桜

まずそのBGMにやられました!キングギドラの音楽と映像がかっこよくてまた窪塚洋介がなよなよしてない演技は最高!!須藤元気ももちろん見所、とりあえず見てもらって損はありません。でも思想的に嫌悪感を感じる方は見ないほうがいいかも知れません。

あらすじ
若きナショナリストの山口、市川、小菅の幼馴染3人は東条英機版ネオナチともいうべき結社“ネオ・トージョー”を立ち上げ、特注の白い戦闘服をまとう。その出で立ちで、自分たちの育った街・渋谷から汚いゴミを一掃しようと、日々街中で半端な不良どもを狩っていた。そんな彼らは、右翼系の政治結社・青修同盟の会長・青田に一目置かれ、何かと世話をしてもらうようになる。ある日、山口ら3人は不良外人が堂々とドラッグを捌いているクラブを襲撃する。だが、その店は青修同盟と対立する暴力団が経営していた。それが発端で抗争が始まり、山口たちはまきこまれていく。


凶気の桜
メイキング・オブ 凶気の桜
凶気の桜
凶気の桜 オリジナル・サウンドトラック

キャスト
posted by ドゥマンゴリアン at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画】リンダリンダリンダ

ブルーハーツ好きな人にはたまらない題名、見たくなる予告、正直どんな作品なのかは、気にせず可愛い女子高生とブルーハーツってだけで見ようと思いました。とにかく女子高生が可愛い!!それだけでもいい!!後は挿入かにユニコーンは渋くてよかった!!でも正直もっとブルーハーツの曲を使ってほしかった。


リンダリンダリンダ

「リンダリンダリンダ」オリジナル・サウンドトラック

キャスト
posted by ドゥマンゴリアン at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

【映画】THE 有頂天ホテル

映画説明
人気脚本家の三谷幸喜が『ラヂオの時間』『みんなのいえ』に続き、今度は大晦日の高級ホテルで繰り広げられる奇跡のドラマを描いた監督第3作。役所広司、松たか子、佐藤浩市、香取慎吾など日本映画を代表する23人の豪華キャストが、迷路のようなホテルの中で働く従業員や訳ありの宿泊客を演じる。登場人物の人生を同時進行形式で絡ませ、伏線を縦横無尽に張りめぐらす三谷脚本の緻密な構成力は、見事としか言いようがない完成度だ。

感想
もう本当に面白かったです。豪華なキャストと劇中で使われている甲本ヒロトの「天国生まれ」がめっちゃいい感じです。ぜひ見てほしい、見て損はない映画だと思います。


THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション
THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション

真夏のストレート/天国うまれ
posted by ドゥマンゴリアン at 11:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画】エラゴン 遺志を継ぐ者

あらすじ
15歳で物語を書き始め、17歳で自費出版した10代のベストセラー作家クリストファー・パオリーニのファンタジー小説を映画化。邪悪な王の圧政に苦しむ帝国アラゲイシアを舞台に、国を守るドラゴンライダーに選ばれた17歳の少年エラゴンが愛と勇気の冒険を繰り広げる。監督はジョージ・ルーカスのVFX工房ILM出身のシュテフェン・ファンマイアー。18万人から選ばれた新星エド・スペリーアスがエラゴンを演じる。ILMが総力を挙げて生み出したVFXに注目。

感想…
確かにVFXはすごい。内容なんてもうどうでもいいぐらいのドラゴンの迫力!!ドラゴンの背中に乗ったらこんな風景が見られるのかっていう感動をこの作品を見て味わってほしいです。


エラゴン 遺志を継ぐ者 2枚組特別編 <初回限定生産>
エラゴン 遺志を継ぐ者(Blu-ray Disc)
エラゴン 遺志を継ぐ者
『エラゴン 遺志を継ぐ者』オリジナル・サウンドトラック
posted by ドゥマンゴリアン at 10:29| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画】しゃべれどもしゃべれども

あらすじ
東京・下町。うだつの上がらない二つ目の落語家、今昔亭三つ葉は、ひょんなことから落語教室を開くことになる。生徒は、美人だが無愛想で口の悪い五月、口は達者だが関西弁のためクラスになじめない少年・村林、そして、元野球選手の湯河原。3人は言い争ってばかりだったが、少しずつ上達していく。ある時、村林はいじめっ子と野球対決をして負けてしまう。悔しがる村林に、いじめっ子を落語で笑わせてやれ、と三つ葉は提案する。

率直な感想としては、落語を聴く映画ではないということ。落語好きな方がそういう目で見ると落語がいまいちに感じると思います。落語の上達振りを描いてくドラマではなく、人間付き合いが下手な登場人物達が落語を通して何かをつかんでいくところを見せる映画なので、「人間ドラマを見る」そんな感じで見てみると面白かったです。香里奈のツンデレな感じが役とハマッてかわいかったです。

国分太一のしゃべれどもしゃべれども

しゃべれどもしゃべれども
posted by ドゥマンゴリアン at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

【映画】龍が如く 劇場版

日本映画でアクションをここまでできるのかって感じ。北村一輝がかっこよくてまた岸谷五郎もいい味出してると思います。それから劇中に出てくる柴犬と女の子がかわいかったですね。そのほかにも豪華キャストで面白い作品だと思います。


龍が如く 劇場版 <通常版>

龍が如く 劇場版 デラックスBOX <初回限定生産>
posted by ドゥマンゴリアン at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

【映画】Vフォー・ヴェンデッタ

第3次世界大戦後のイギリスを舞台に、孤高のテロリスト“V”が国家に立ち向かう近未来スリラー。『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟が製作と脚本を手掛ける。『マトリックス』のエージェント・スミスことヒューゴ・ウィービングが仮面をつけた謎の男“V”を演じ、“V”に協力するヒロインを『クローサー』のナタリー・ポートマンが演じる。過激で政治色の強いストーリー展開が異色のアクションエンターテインメント。
 この映画は“V”がカッコイイです!この手のなぞのヒーローに協力するヒロインは絶対にかわいくなければいけないと思います。その点ではナタリー・ポートマンは適役だと思いました。ナタリー・ポートマンが“V”に引かれていき協力者なっていくように見ていて自分も“V”に引かれていきました。スタイリッシュでカッコイイ作品です。


Vフォー・ヴェンデッタ(Blu-ray Disc)
Vフォー・ヴェンデッタ <期間限定生産>
Vフォー・ヴェンデッタ <期間限定生産>
Vフォー・ヴェンデッタ 特別版 <期間限定生産>
Vフォー・ヴェンデッタ 特別版
Vフォー・ヴェンデッタ

posted by ドゥマンゴリアン at 17:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画】キサラギ

自殺したD級アイドル・如月ミキの一周忌にファンサイトを通じて集まった5人の男を描いた作品。大部分のストーリーが一つの部屋の中で進行する密室推理劇である。

ものすごくありえない展開で進んでいって、予想が出来ない感じ。でも最後にはちょっぴり感動できるいい感じの映画。D級アイドルの如月ミキの歌は本当に下手だったのが良かった、ハリウッドや外国の映画にない面白さがあると思うのでお勧めです・


キサラギ
キサラギ
キサラギ (スタンダード・エディション)
キサラギ (プレミアム・エディション)
キサラギ オリジナル・サウンド・トラック
キサラギ シナリオ版
posted by ドゥマンゴリアン at 12:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

【映画】ライフ・イズ・ビューティフル

最近何時泣いたか考えてみるとあまり泣いてないです。よく女の子が涙を流してストレスを発散させるっていいますが、この作品「ライフ・イズ・ビューティフル」は泣ける映画です。作品を見たらいつでも泣けるって感じです。ぜひストレスがたまって最近いつ泣いたか思い出せない方は、この映画を見て号泣してください!




ライフ・イズ・ビューティフル

posted by ドゥマンゴリアン at 00:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

【映画】パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

ジョニー・デップ主演によるアクションアドベンチャーの完結編。次々と海賊たちを葬り去り、世界制覇を目論む東インド貿易会社のベケット卿に立ち向かうため、海図を手に入れたブラックパール号の乗組員たちは"ワールド・エンド"を目指す。
この作品、映画好きな友達の間でも評価がかなり分かれています。三部作の最終章!!で期待はかなり大きかったと思います。見る前に前作、前々作を見てから見ると面白いと思います。


パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド ディズニー
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc スペシャル・エディション
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(Blu-ray Disc)
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド コレクターズ・セット <初回限定生産>
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド オリジナル・サウンドトラック
オンライン書店boox(ブークス)
posted by ドゥマンゴリアン at 13:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

【映画】ザ・シューター 極大射程

元海兵隊の名狙撃手、スワガー。軍を退いて山奥で暮らしていた彼の元を、退役したジョンソン大佐らが訪ねてきた。彼は大統領暗殺の動きがあることをスワガーに話し、その阻止を手伝ってほしいという。スワガーは大統領の遊説先を狙撃手としての経験を活かして調査し、唯一と思われる狙撃ポイントを発見。演説当日も大佐らとともに、現場の見張りについた。すると銃声が鳴り響いた…撃たれていたのはなぜかスワガー自身だった。

この作品まぁまぁよかったと思います。しかし最後はあれでいいのかなぁ?疑問です。何の解決にもなってないような気が…でもそれはそれで見終わったあとすっきりした気分になれるアメリカンアクション映画です。


ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション(HD DVD)

ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション

ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション

posted by ドゥマンゴリアン at 13:41| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

【映画】スクール・オブ・ロック

ギタリストのデューイはロックを全身全霊で愛する男だったが、その熱すぎる情熱と勝手なパフォーマンスが原因でバンドをクビになってしまう。家に戻れば、同居している友人ネッドとそのガールフレンドから家賃を払うように言われ、進退窮まってしまう。そんな時、ネッドあてに私立学校の代用教師の話が舞い込み、仕事が欲しかったデューイはネッドになりすまして名門ホレス・グリーン学院へと向かう。
もともと仕事などする気のない彼だったが、厳格な規律の多い学校で過ごす子供たちが無気力な事に気がつき、更に子供達に音楽の才能があることを見つけ、こっそりとバンドを組んでバンドバトルに出場することを思いつく。

この作品を見た感想としては先生やりすぎ、前で過ぎ。


スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション
スクール・オブ・ロック 名作映画完全セリフ集
スクール・オブ・ロック/オリジナル・サウンドトラック
posted by ドゥマンゴリアン at 16:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画】バックダンサーズ

最近邦画をろくに見てないので何でもいいから借りた作品です。やっぱり邦画は字幕見ないでいいから楽ですね。邦画も一時期難しいテーマを扱ったものが多かったですけど、今は青春ものが増えていますね。この作品はそんな青春物のひとつです。全体として平山あやがかわいいです。


バックダンサーズ! <期間限定生産>
posted by ドゥマンゴリアン at 16:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画】幸せのちから

幸せのちからは、実話を元にしたストーリーをウィル・スミスが実の息子と一緒に競演した感動ドラマ!!思っていたほど感動はしなかったけどウィルスミスの息子は可愛かった。成功を掴むためには苦労しないといけないと思いました。

幸せのちから コレクターズ・エディション
posted by ドゥマンゴリアン at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

【映画】ラッキーナンバー7

作品紹介
ハリウッドスターが豪華競演のスタイリッシュ・サスペンス!不運続きのスレヴンは、友人ニックの家を間借りする事になった。突然、借金の取立てにやってきたギャングに誘拐されたスレヴン――不運な事にニックと間違われたのだった…。ボスの所に連れて行かれ、借金の肩代わりとして敵対するギャングのボスの息子暗殺を命じられる…。

作品紹介を見てもはじめどんな話かまったく理解できなかった。何だろう?どうして??って?がいっぱいあるんだけど!それがストーリーが進むにつれて深くなっていってラストに行く!内容書いたネタばれになるので内容知りたい方は見てください!


icon
icon
ラッキーナンバー7
icon
posted by ドゥマンゴリアン at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画】憑神

まったく期待しないで映画を見るときが自分はあります。映画の日で入場料が安いとき、レンタル屋サンのイベントのとき、ホンとに暇な時などそうすると以外に面白い映画に出会えたりします。「憑神」もそんな感じで見ました。変な期待がなかったのが良かったのか、楽しく観ることが出来ました。


憑神 <通常版>
posted by ドゥマンゴリアン at 01:26| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

【映画】大日本人

この作品賛否両論あるでしょうが見ないことには何もいえません。
とりあえず見ることをお勧めします。
ストーリー性も演技も全部がラストにつながっていくんですが…
「まぁ一言で言えばこんな映画見たことない」ってかんじです。
百聞は一見にしかずっていうことかな!

icon
icon

大日本人
icon

posted by ドゥマンゴリアン at 17:24| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。