スポンサーリンク

2008年06月05日

【小説】「管仲」(上)(下)宮城谷昌光作

管仲は中国の春秋時代、最初の覇者となった斉の桓公に仕えた名宰相、桓公を覇者に成さしめた人物といってもいいでしょう。
作品紹介
「春秋時代を知りはじめた頃から管仲を小説で活躍させたかった」 宮城谷昌光
知の管仲、義の鮑叔、「管鮑の交わり」として名高い男の絆――壮大にして清廉な人間模様を描いた歴史長編。

宮城谷昌光さんのを古代中国を題材とした小説の中で自分が始めて手に取った本です。この本をきっかけに宮城谷作品にはまっていきました。自分のこれまでの古代中国の知識といえば横山光輝さんの「史記」や「殷周伝説」といったものでしたがこんな見方も出来る、こんなこともあったんじゃないかとかいろいろ考えられてよりいっそう古代中国に興味を持ちました。古代中国、春秋時代なんか興味がない人もぜひ読んでみることをお勧めします。


管仲 上

管仲 下
ラベル:宮城谷昌光 管仲
posted by ドゥマンゴリアン at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

【小説】北方謙三 水滸伝

『水滸伝』(すいこでん、水滸傳)は、中国の明代に書かれた小説で、四大奇書の一つ。施耐庵あるいは羅貫中がそれまで講談として行われてきた北宋の徽宗期に起こった反乱を題材とする物語を集大成して創作されたとされる。「滸」は「ほとり」の意味。
北宋時代末期に、汚職官吏たちがはびこる世相のため世の中からはじき出された英雄好漢たちが梁山泊と呼ばれる自然の要塞に集まって無法者の集団を形成し、やがて悪徳官吏を打倒し国を救う事を目指すという物語である。

という一般的な水滸伝の形を元に、北方謙三による大胆な脚色が行われ歴史小説を読んでいるというよりもハリウッドの歴史映画を見ているかの様なスピード感と迫力がある作品です。
第1巻・曙光の章から第19巻・旌旗の章まで一気に読み進んでいってほしいです。

icon
icon
替天行道 北方水滸伝読本 集英社文庫
icon

ラベル:北方謙三 水滸伝
posted by ドゥマンゴリアン at 14:26| Comment(79) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。